電気毛布どこで買える?ニトリ・しまむら・無印で売ってる?おすすめはパナソニックで洗濯で洗える!

電気毛布
  • URLをコピーしました!
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

寒い冬を乗り切るための定番アイテムの一つに電気毛布があります。

寝具としても、ひざ掛けや屋外での寒さ対策としても様々なシーンで使える万能な商品です。

一体どこで売ってるのか気になっている人も多いですよね!

調べてみると、

電気毛布が購入できる店舗はニトリや無印など複数ある

ということ分かりました!

今回は、電気毛布が買える場所や、購入の際の注意点などを口コミも確認しながら紹介していきます!

スポンサーリンク
目次

電気毛布がSNSで大バズり!電気料金高騰で更に人気沸騰中!

出典:楽天市場

SNSでも人気になっている電気毛布。

電気毛布が多くの人から人気となっている理由として、

体の冷えを防いで健康的で、節電にもなっている

ということもあり、好まれています。

他にも、

・寒さ知らずで熟睡できた
・辛い生理痛がラクになった
・エアコンやヒーターの使用が減った

といったところも好印象で、多くの人が購入しています。

SNSの投稿からも、

電気代が高くなり暖房の節電対策をしたい

という人が多い印象を受けます。

スポンサーリンク

電気毛布はどこで売ってる?買える取扱店舗はニトリや無印

出典:楽天市場

電気毛布を売っている店舗はいくつかあり、下記店舗を調査しました。

  1. ニトリ
  2. しまむら
  3. 無印良品
  4. Francfranc(フランフラン)
  5. 家電量販店(ヨドバシ・ケーズデンキなど)
  6. ホームセンター(カインズ・コーナンなど)
  7. 生活雑貨店(東急ハンズ・ロフト)
  8. ドンキホーテ
  9. その他の取扱店舗

電気毛布取扱店舗①ニトリ

ニトリで電気毛布の取扱いがありました。

価格は3000円から8000円で程で5種類の商品があり、敷き電気毛布や掛敷兼用電気毛布が購入できます。

全商品が温度調節可能で自宅で丸洗いも出来るので人気の商品です。

電気毛布とNウォームシリーズの寝具で揃えれば、暖房いらずで節電効果もありそうですね!

電気毛布取扱店舗②しまむら

しまむらでは店頭やオンラインストアでの電気毛布の取扱い情報は得られませんでした。

しかし、冬用の敷きパッドや着る毛布、防寒用巻きスカートなどの寒さ対策商品のラインナップが豊富です。

定期的にキャラクターのコラボ商品なども販売されているので、公式サイトなどの発売情報をチェックしてみて下さいね!

電気毛布取扱店舗③無印良品

無印良品では、羽織れる電気ブランケットと洗えるUSBブランケットが販売されています。

軽量で持ち運びがしやすく、自宅やオフィスなど様々な場面で活躍する商品です。

羽織れる電気ブランケット

商品情報詳細
価格4,990円(税込み)
サイズ幅130×80cm 重さ:900g
カラーアイボリー/ピンク/ダークグレー
商品特徴3段階の温度調節が可能で、洗濯機で丸洗いOK

洗えるUSBブランケット

商品情報詳細
価格2,990円(税込み)
サイズ幅110cm×80cm 重さ:450g
カラーアイボリー/ピンク/ダークグレー
商品特徴USBポートを備えたPCなどで使用でき、室内は勿論、アウトドアでも活躍。洗濯機で丸洗いOK

羽織れる電気ブランケットと洗えるUSBブランケットはどちらの商品も手に取りやすい価格で、SNSでも人気の商品です。

ぜひ一度、店頭で触り心地を試してみてください。

スポンサーリンク

電気毛布取扱店舗④Francfranc(フランフラン)

フランフランからは、4色(グレー/ホワイト/ピンク/パープル)の電気毛布が販売されています。

コンパクトなサイズ(H110cm×D70cm)の毛布は、デスクワークやリビングでのリラックスタイムに活躍しそうです。

生地の端までヒーター線が入り全体がしっかり暖まり機能面も優れており、商品レビューではデザインと肌触りの良さからも好評の商品です。

電気毛布取扱店舗⑤家電量販店(ヨドバシ・ケーズデンキなど)

  • ヨドバシカメラ
  • ケーズデンキ
  • ヤマダ電機
  • コジマ電気
  • ノジマ電器
  • エディオン

家電量販店では、敷き・掛け・敷掛両用タイプの電気毛布が購入出来ます。

パナソニックや山善、コイズミなど取り扱メーカーも多く、商品が豊富です。

ポイントが利用できる点や、年末年始のセールなどでお得に購入できるので有難いですね!

是非、お近くの家電量販店で売り場をチェックしてみて下さい。

電気毛布取扱店舗⑥ホームセンター(カインズ・コーナンなど)

  • カインズホーム
  • コーナン
  • コメリ
  • DCM

ホームセンターでも電気毛布を購入することが出来ます。

山善やアイリスオーヤマなどの電気毛布を取扱うお店も多いようです。

電気毛布だけでなくヒーターや湯たんぽなど商品が豊富なので、寒さ・節電対策はホームセンターで整いそうですね!

上記以外のホームセンターでも電気毛布の取扱いがある可能性が高いので、お近くの店舗もチェックしてみてください。

スポンサーリンク

電気毛布取扱店舗⑦生活雑貨店(東急ハンズ・ロフト)

東急ハンズやロフトでは、電気毛布の販売はされていないようです。

ハンズやロフトでは寒いシーズンになると防寒グッズコーナーが設けられます。

ブランケットや着る毛布、湯たんぽなどのあったかグッズの品揃えが豊富です。

ハンズでは最近SNSでも話題の着る毛布が、ロフトではテレビでも紹介された保湿力にす優れた魔法瓶ブランケットが人気商品です。

電気毛布取扱店舗⑧ドンキホーテ

ドンキでも電気毛布を購入することができます。

昨シーズンは山善の電気毛布や、オリジナルブランドの着る電気毛布が販売されていたようです。

着る電気毛布は着るこたつとも呼ばれ、あまり目にしない商品なので気になりますよね!

今シーズンも店頭販売されるかもしれないので、注目してみてください。

スポンサーリンク

電気毛布取扱店舗⑨その他の取扱店舗

その他にも電気毛布は下記の店舗で購入が可能です。

  • スーパー(イオン・イトーヨーカドー・西友など)

などで購入することができるということですね!

ツイッターのクチコミなどでは、ネット以外での実店舗での購入は

機能性も優れたコスパのいいニトリ

で購入する人が多い印象を受けます。

人気商品でもあるので、

せっかくお店まで買いに行ったのに、商品の取り扱いがなかった!

売り切れてる‥‥!

電気毛布は冬場のシーズン商品なので、時期によっては店頭で取扱いの無い店舗もあります。

心配な方はお店に行く前に在庫確認の連絡をしておくと安心です。

スポンサーリンク

電気毛布はどこで売ってる?買える通販サイト一覧

出典:Panasonic

電気毛布は楽天やAmazonといったネットからも購入することが可能です。

  • 楽天市場
  • Amazon
  • Yahooショッピング
  • ベルーナ
  • ニッセン
  • ベルメゾンネット
  • ASKUL(アスクル)
  • ニトリネット
  • 無印良品ネットストア
  • 山善ビズコム
  • アイリスオーヤマ公式通販サイト
  • パナソニック公式通販
  • 家電量販店通販サイト(ヨドバシ・コジマ電気・ヤマダ電機など)
  • ホームセンター(カインズ・コーナン・コメリなど)

お店まで足を運ばなくても在庫状況が一目で分かるところも魅力的ですね。

電気毛布は、楽天市場やAmazonなどのネット通販での購入なら手軽に注文できるのでお勧めです!

ネットで購入するとポイントがつくのも嬉しい♪

支払い手段も好きなのを選べて楽チン!

ネット注文だと家からポチっと購入することができるので、手軽でおすすめです。

気になる方は、ネットで検索して、この機会に購入しておくといいですね!

スポンサーリンク

電気毛布を購入する際のメリットやデメリットある?

出典:楽天市場

電気毛布は、多くの人に愛されている商品です。

そんな電気毛布にも、メリットとデメリットがあるようなので確認してみましょう!

口コミって、リアルな意見が聞けるもんね!

色んな意見を聞いて安心して買いたい!

電気毛布を購入する際の注意点(デメリット)は?

電気毛布を購入する際に注意しておいた方がいいことやデメリットがあるのかも気になりますね。

注意点としては、

・故障で使用できなくなることがある
・低温火傷の可能性がある

といった声もでています。

劣化による出火などの危険があるかもしれない

と感じる人もいるようです。

小さいお子さんが使用する

という場合には、コードによる事故に注意をして下さい。

また、一部では、

就寝中に低温火傷の可能性があるのでは?

と、心配している人もいるようですが、

温度調節をしたりオフタイマーを利用

なども、低温火傷の防止に繋がります。

スポンサーリンク

電気毛布には良い効果(メリット)も!

また、電気毛布の効果として、

・冷え性改善
・節電効果
・リラックス効果

が期待できるとの声もあがっています。

また、評判としては、

・生理痛がラクになった
・プレゼントに喜ばれる
・洗えて清潔に保てる

といった声が多く、

ポータブル電源があればキャンプなど外でも使用できて便利

ところも人気のようですね。

スポンサーリンク

電気毛布は高機能のパナソニックがおすすめ!気になる電気代は?

出典:Panasonic

電気毛布は様々なメーカーから発売されていますが、中でもパナソニックの電気毛布は機能が優れていると好評で、SNSでも人気のメーカーです。

企業情報詳細
会社名パナソニック株式会社
住所(本社)東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル
問い合わせ先0120-878-694

Panasonicの電気毛布が大人気!理由は温度コントロールで朝まで快眠できるから

今回は、2022年に発売された快温モード搭載の電気毛布をご紹介します。

出典:Panasonic
商品情報詳細
商品名暖房敷きパッド DB-BM1L
価格25,300円(税込み)
商品サイズ(cm)/質量(kg)約200×約100/本体:約1.9 コントローラー部分:約0.4
消費電力定格75W
スイッチの種類バックライト液晶画面付コントローラー
コードの長さ本体側:0.46m
電源側:1.91m
材質表側 ポリエステル100%
裏側 ポリエステル100%
商品特徴・快温モード
・切タイマー(1~12時間)
・速熱機能付
・9段階温度調節
・アラーム音付
・時計表示
・固定バンド付
・ダニ対策機能付

暖房敷きパッド DB-BM1Lは睡眠の経過時間によって自動で温度調節してくれる「快温モード」が搭載され、快適な睡眠をサポートしてくれます。

洗濯機での洗濯も可能で、ダニの発生も制御してくれるので清潔に保てアレルギーのある方にも安心です。

価格は他の商品に比べ高めにはなりますが、高機能でお値段に見合ったオススメの電気毛布です。

大切なご家族への贈り物にしても喜ばれますね!

スポンサーリンク

機能が良くても気になるのは電気代!電気毛布を一晩利用したら電気代はいくら?

冬の暖房器具は電気代がかさみやすく、料金の通知がくるのが怖いですよね。

そもそも電気毛布の電気代も高いんじゃ...

節電の為に買ったのに意味あったのかな

電気毛布の料金はいくらかかるのか、パナソニックの電気毛布を参考に標準的な電気代を確認してみましょう。

電気毛布・エアコン・電気ストーブの電気代を比較

電気料金は、

消費電力(W)÷1000×使用時間×1kWhの電気代

の計算式で料金を計算することができます。

では実際に良く使われる暖房器具はどのくらいの料金がかかるのか確認してみましょう。

暖房器具モード1時間の標準電気料金 ※1kWh27円(税込)で計算した場合

電気毛布
約1.5円
約0.9円
エアコン約3円~40円

電気ストーブ
約27円
約13.5円

比較して分かるように、電気毛布を1時間使用した場合の電気料金はエアコンや電気ストーブに比べて非常に安いことが確認できます。

製品や使用温度などにより誤差はでてきますが、

電気毛布は一晩、約8時間使用しても約12円

とホットカーペットなどの他の暖房器具に比べても電気代は安く、節電に最適な商品だと言えます!

更に効果を上げる為にも、湯たんぽなどと一緒に利用するといいかもしれませんね。

スポンサーリンク

電気毛布は家庭で洗える!ドラム式洗濯機で洗濯はOK?

出典:楽天市場

最近お店で見かける電気毛布は家庭で水洗いできる商品が非常に多いですが、故障の原因にはならないのでしょうか?

電気毛布は本体とコントローラー、電源プラグという構造で毛布のなかの電熱線により暖められます。

本体が洗濯できるのは、

電熱線とコネクタ部分には防水加工がされている

ため、水に濡れても故障しません。

そのため、濡れてはいけないコントローラーとプラグ部分を取り外せば丸洗いOKなんです!

洗濯に対応していない電気毛布もあるので購入時にしっかり確認してください。

電気毛布を洗濯機で洗濯する方法を確認してみましょう!

  • コントローラーを本体から外す
  • 電気毛布を畳んで洗濯ネットに入れる(コネクタ部は内側に折り込む)
  • 洗剤は着用の中性洗剤を使用する
  • 洗濯機の手洗いコースや毛布コースで洗う
  • 脱水は数十秒と短めで行う

と言った手順で行いましょう。

また注意点として、

遠心力でたたき洗いするドラム式洗濯機はコネクタや配線の故障の原因になる

ので、使用をさけて下さい。

その為、同じ仕様のコインランドリーでの洗濯もオススメできません。

洗濯表示を確認し、上記の点に気を付けて洗濯することで素材を傷めにくく長持ちさせることが出来ます。

スポンサーリンク

電気毛布を買うなら楽天市場やAmazonで購入がオススメ!口コミもチェック

出典:楽天市場

ニトリや家電量販店でも電気毛布は販売されています。

色んなメーカーから類似品が販売されていますので、間違って買っちゃった!

なんてこともあるかもしれません。

そのため、購入前には間違えないように、商品のパッケージもしっかり確認して買うようにしてくださいね。

そっか・・・
類似品も沢山あるんだね!

サイズも事前に確認しておけば安心だよね!

買い間違いを防ぐなら、パッケージもすぐ確認できる、楽天市場やAmazonで購入することが確実で安心です。

電気毛布は楽天やAmazonで多くの人が購入しており、たくさんの口コミが記載されています。

電気毛布の良い口コミレビュー

ネット通販で購入した人たちの口コミも確認しておくと安心ですね。

寝る一時間ほど前に毛布を強にして布団に入り、弱にして眠ると朝まで快適に眠ることができるようになりました。夜寝る前にストーブで部屋をあたためる必要もなくなりました。

連日の大雪による寒さでは震える夜を過ごしていましたが、この毛布が届いてほんとに大変快適に眠れます。

電気代高騰の味方。消費電力少なく温かいので夜もぐっすり睡眠。敷パットの下に設置しても温かい。
電気代も安心。

こちらを使うようになってからすぐに眠りにつけるようになりました。
以前は少し足が冷たかったりすると全然眠れなかったのでとても助かっています。
朝までぐっすりです。
不眠症の友達にもお勧めました!

電気毛布悪い口コミレビュー

使用して最初は暖かくてとてもいいなと思いましたが、何日かたって冷たいまま温まらない部分が出てきました。高い買い物だったので残念です。

一つ残念なのが、ボアがしょっちゅう抜けてしまい、家中あちらこちらにボアが落ちてしまっている事です。
洗ったらもっと沢山抜けてしまいそうで心配です。

元々の機能なのかは、不明ですが、上半分と下半分で温度差がありました。敷布団2枚の足元に、電気毛布を縦に使わず、横に使用してます。子どもが寝る方はちょうどいい暖かさですが、私の方はぬるい感じです。

生地はペラペラのペラペラ。
トライアルで398円で売っているバスタオルより薄い生地。
そして、暖かくない!
ダニ退治のゲージまで上げても、全く暖かくない。

口コミを確認していると、良い口コミも悪い口コミもありますが、全体的には購入者の満足度もかなり高い印象がありますね!

お菓子や日用品などの買い物をするついでに、気軽に購入できるところもいいと評判です。

気になった方は是非購入を検討してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次